1番ケージ

鉄道模型の中にはいろいろな種類があります。その一つとして1番ゲージというものがあります。こちらは縮尺が1/32のものです。1901年に発売されて以来の歴史があります。現在でも発売しているメーカーはあります。比較的大きな規格であり、今ではもっと小さな模型の方が好まれているのですが、1番ケージも根強いファンがいます。

1番ケージというのは細部まで再現することが可能です。他のタイプよりも大きいために重量感まで伝えることができるのです。1番ケージならではの魅力があるため、愛好家が多いのです。

買取そんな1番ケージは買取をしてもらうこともできます。日本ではあまり取扱が多くないのですが、マニアックなファンもいるため、買取業者は高価買取をしてくれるでしょう。中には希少価値のあるものもあります。そのような1番ケージを持っている方は、高額な買取を実現できるかもしれません。

1番ケージは車体が大きいため取扱には注意が必要です。汚れやほこりなどを取り除いておくことは大切なのですが、その際に壊してしまわないように気をつけましょう。きちんと走行できることも確認しておくべきです。持ち運ぶのが大変なため、出張買取を利用するという方法もあります。これならば安心できます。